ヒント

 いつでもどこでも競技かるたができる環境… 素敵な響きですよね。

 

 部活やサークルのある学生なら、比較的時間はありますが、社会人にもなってくると、練習時間の確保も大変です。また、現在競技かるた人口が増えていることもあって、かるた会が練習会の受け入れを制限してしまうこともあります。

 

 それとは逆に、競技かるた人口が増えているといっても、まだまだ競技人口が少なく、練習が満足にできないという地域もあると思います。

 

 そのような、競技かるたをしている人たちが潜在的に抱えている悩みを解決し、いつでもどこでも競技かるたができる環境を、日本に創りあげる。こんな壮大な計画を考えています。

 

 題して、あまね計画

 

 

ヒント

 

 

 

あまね計画とは

 「あまね」とは、遍くという言葉からとっています。広く行き渡っている、みたいな意味ですね。これは、いつでもどこでもを表す、ユビキタスの和訳、遍在、から着想しています。

 

 冒頭にも書きましたが、あまね計画の目標(ミッション)は、いつでもどこでも、競技かるたができる環境を創る、ということです。

 

 現在こんなことを考えているのは、私一人だけですので、もちろん最初は、いつでもはともかく、どこでもは無理です笑

 

 なので、最初は、毎日競技かるたができる環境を創ることから、始めたいと思っています。そして、それが軌道に乗ってきたら、だんだん、できる場所を増やしていく… そんなイメージを持っています。

 

 具体的なイメージとしては、毎日どこかしらで練習会を開いて、そこに集まってもらい、試合や指導を行う、というイメージです。土日は大会等あるので、開催しないと思います。

 

 とはいっても、いきなり始めたところで、人が集まるとも思えませんので、今年いっぱいは、あまね計画と、私、加茂のことをできるだけ多くの人に知ってもらうことが、目標となります。

 

 ですので、このブログでも定期的にあまね計画と、競技かるたに役立つ情報を、今以上に発信していきます。もし、少しでも、いつでもどこでも競技かるたができる環境を創る、あまね計画、に興味を持っていただけましたら、宣伝していただくと嬉しいです。

 

あまね計画の目標

 くどくて申し訳ありませんが、あまね計画の目標は、いつでもどこでも競技かるたができる環境を創る、というものです。一番大きい目標はこれなんですが、そのほかにも、様々な小目標、とでもいうべきものもあります。

 

小目標①:競技かるたの上達にコミットする

 現在、競技かるた界の課題として、指導者不足が挙げられます。指導といえど、自分の考えを押し付けるだけの、到底指導といえないものがはびこっています(参考→競技かるたの指導)。

 

 あまね計画では、この辺の指導も、他の分野にも応用できるような、目標の立て方だったり、考え方、このようなところを徹底して指導していきます。

 

 ちなみに、コミットっていうのは、よくビジネス用語で使いますが、「責任もって関与する」みたいな意味です。

 

小目標②:いつでもかるた好きが集まれる場作り

 学生だったら、学校、社会人だったら、会社、みたいに、基本的に人と交流する場というのは、だれでも一つは持っています。

 

 しかし、なんでもそうですが、一つしかないというのは、大きなリスクになります。そのリスク回避の場として、競技かるたをする場所、そういうものを提供します。

 

 なので、もちろん競技かるたをする場所ではあるのですが、同じ趣味を持つもの同士の交流の場としても、使っていただきたいなあ、と思います。現在のかるた会の練習でも、同じような役目はできていますが、毎日開かれる、というのがポイントです。

 

あまね計画の課題

 現状、あまね計画を遂行するにあたり、解決すべき問題が山積みです。

 

 その中でも一番大きい課題は、競技かるたを専業にしている人がまだ誰もいないということです(もしおられましたら教えてください! すぐに会いに行きます)。

 

 もちろん、いつでもどこでも競技かるたをする環境を創るとなれば、練習を開催する場所と時間が、できるだけ多く必要になってきます。そうなると、競技かるたを専業にして生きていかねばなりません笑

 

 これは、今までの競技かるた界では、ありえない発想です。ですが、競技かるたのさらなる発展のためには、必要不可欠なことだと思います。この辺は、また別の記事でまとめます。

 

 まずは、その辺の理解を得られるかが問題になってくるのかなあ、と思います。とはいえ、時間がなく、競技かるたをする時間がなくて困っている、という人はある程度いると思っているので、一定のコンセンサスは得られるのでは、と皮算用しています笑

 

 次の課題としては、先ほども書きましたように、知名度ですね。これは、今後の私の頑張り次第といったところでしょうか。いくらあまね計画に賛同してくれる人がいようが、その人に届かなければ意味がないですからね。

 

 そのためには、かるたに強くなることと、質の高い情報発信ですね。今後も継続して行っていきたいと思います。

 

おわりに

 書いてて思ったのですが、まだまだ薄っぺらい計画だなあ… 頭の中ではいろいろ固まっていると思っていたのですが、まだまだですね。今後も皆さんに情報を公開しながら、うまく纏めていきます。

 

 書いているうちに自分でも、いろいろ考えた方がいいんじゃない? ということも出てきました。例えば、有段者が練習する環境と、初心者に教える環境は別にした方がいいのでは、とか、そもそもいつでもどこでも競技かるたができる環境を創る、っていうのも小目標の一つじゃないのか、とか…

 

 まだまだ未完成なあまね計画、こんな形で発表するのもどうかとは思いますが、なんか馬鹿なことを考えている人間がおるな~ぐらいの感覚で、頭の片隅にでも置いてもらえたら幸いです。

 

それでは!