むらさめの

 競技かるたの始め方第四弾! 今回から具体的な決まり字を紹介していきます。最初は札の意味だとか、作者の紹介だとか、いろいろ詰め込もうと思ったのですが、無駄に長くなりそうだし、今回はあくまでも”競技かるた”の記事なので、和歌鑑賞面からの解説は省きます。

 

 早速決まり字の紹介に移りたいのですが、その前に、前回書ききれなかった決まり字についてもう一つの大事な概念、「共札(ともふだ)」について解説させてください。競技かるたをしていても割とよく出てくる単語なので、覚えておいて損はないでしょう!

 

共札とは

 共札とは、決まり字が途中まで同じ札のペアのことを言います。前回の決まり字の変化のところで例として出てきた、「いまは」「いまこ」の二枚は、決まり字が二文字目、つまり「いま」まで同じなので、この二枚は「共札」となります。

 

 ここで注意してほしいのは、”共”札という名前が表す通り、共札は、二枚一組のペアという形でしか存在しない、ということです。

 

 たとえば、百人一首の中には、「なにし」「なにはえ」「なにはが」、といった、三枚の札が存在する。三枚とも「なに」の部分まで同じなので、一見全て共札のように見えますが、実際は「なにはえ」「なにはが」の二枚しか共札とは言いません。

 

 つまり、途中まで同じ文字であっても、三枚以上該当する札がある場合は、それらの札を共札とは言わず、二枚まで絞れた時に、初めてその二枚が共札となる、といことです。

 

 ややこしくなっちゃいましたが、もっと具体的に言ってしまえば、

 

・三字決まりより長い札は例外5枚を除いて、全て共札となる相手がいる。

・二字決まりで共札があるのは二枚札(う、つ、し、も、ゆから始まる札)のみ。

 

この二点さえ分かっていれば、とりあえずのところ大丈夫です。

 

 そもそも、なぜこのような「共札」といった概念が出てくるのかというと、共札って同じ陣にあると決まり字が短くなるんです。これがたぶん共札の一番大きな特徴で、その特徴から送り札自陣の配置攻めがるたなどといったいろいろな話題に、この概念が顔を出す、というわけですね。

 

 どういう風にそれらの要素とかかわっているのか、というのは各ページで紹介していますので、そちらをぜひご覧ください!

 

決まり字紹介

 前置きがちょっと長くなりましたが、いよいよここから具体的な札の決まり字を紹介していきます。

 

 今回は一字決まりと二枚札。初心者がまず最初に狙え! と教えられる札たちになります。二枚札は全部共札があるので、その辺も注意して覚えていきましょう。

 

※下の句を見て、決まり字が思い出せるような、覚え方をしましょう

※決まり字は、現代語に準じた読み方で記載しています

 

一字決まり

「む」

むの札

村雨の 露もまだひぬ まきの葉に 霧立ち上る 秋の夕暮れ

覚え方:きり(霧)=む(霧)

解説:二句目の「ひぬ」は、「干ぬ」とかき、そのまま「ひぬ」と読みます。決して「いぬ」と読まないように! 覚え方は漢字の音読みと訓読みを使ったもので、比較的覚えやすいんじゃないかな。後下の句が「き」から始まるのはこの歌だけなので「キム」とかで覚えるのもありかな笑。

 

「す」

すの札

住之江の 岸による波 夜さえや 夢の通ひ路 人目避くらむ

覚え方:夢は酢(ゆめ、す)

解説:”ゆめ”という非常にわかりやすい単語をキーにして覚えるといいんじゃないかな。「夢の巣」とか「夢は素が出る」とか… まあ、適当に。

 

「め」

めの札

めぐり会いて 見しやそれとも わかぬまに 雲隠れにし 夜半の月かな

覚え方:クモが「くれ、目!」(くもがくれ、め)

解説:覚え方はすごい強引だね笑 ほら、クモってなんか目がいっぱいあるイメージあるじゃん? その目が一個足りなくなって、目を欲しがる的な… 自分で言ってて意味わからなくなってきた… 下の句が「くも」から始まるのは他に2枚あるので、割と覚えるのが難しい札ではある。「よはのつき」というフレーズも他に使ってる札が一枚あるし… おとなしく「くもがくれ」と「め」をどうにかして結びつけるのがいいのかもしれない。 

 

「ふ」

ふの札

吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を 嵐というらむ

覚え方:むへ=ふ(むふむ)

解説:「むへ」(音はむべ)という単語が特徴的なので、これをキーに。これは現代語で言うと「なるほどなー」とか「そうだよねー」的な納得とか肯定を意味するんだよね。その気持ちとして「ふむふむ」的な擬音が割と当てはまるのではないかと思い、こういうこじつけにしてみたよ。古典の勉強にもなって一石二鳥だね笑。

 

「さ」

さの札

寂しさに 宿を立ち出でて 眺むれば いづこも同じ 秋の夕暮れ

覚え方:一個さ!(いつこ、さ)

解説:下の句が「いつみ」で始まる歌があるため、「いつこ」をキーにして覚える。「何個持ってるの?」「一個さ!」、「お名前は?」「逸子さ!」でも何でもいいけど、とりあえず元気に返事するイメージで… ちなみにさっき紹介した「む」の札と最後の句が全く一緒だよ。

 

「ほ」

ほの札

ほととぎす 鳴きつる方を 眺むれば ただ有明の 月ぞ残れる

覚え方:ただの帆(たた、ほ)

解説:「ただ」ってのがいろいろなものにつなげやすくていい。何か自分の中で「ほ」とつながるものがあれば、それに「ただ(の)」ってつけて覚えるといいんじゃないかな。ちなみに3句目が「さ」の札と全く一緒だね。

 

「せ」

せの札

瀬を速み 岩にせかるる 滝川の 割れても末に 会わむとぞ思う

覚え方:割れた背中(われ、せ)

解説:一字決まりのラスト。背筋がバキバキに割れた人を思い浮かべましょう。

 

二字決まり

「うら」

うらの札

恨み詫び 干さぬ袖だに あるものを 恋に朽ちなむ 名こそ惜しけれ

覚え方:口裏合わせ(くち、うら)

解説:「こひ」から始まる歌は他にもあるので、一行目の下にある「くち」をキーにするといいいんじゃないかな。「うら」ってのも合わせやすいし、比較的覚えやすい札だね。

共札:うか

 

「うか」

うかの札

憂かりける 人を初瀬の 山おろし 激しかれとは 祈らぬものを

覚え方:うっかり、ハゲ(はげ、うか)

解説:決まり字語呂合わせ界のエース、「うか」の札です。「うっかりハゲ」のフレーズはかるたやってる人なら大体知ってるんじゃないかな。ただ、この歌の名誉のためにいっとくと、この和歌めちゃくちゃかっこいい歌だからね! ハゲの歌とかでは決してないから、そこらへんはちゃんと覚えておいてね!

共札:うら

 

「つき」

つきの札

月見れば 千々にものこそ かなしけれ 我が身一つの 秋にはあらねど

覚え方:つ(のあ)き

解説:真ん中の行に注目。「つのあき」の真ん中二文字を取ったら、決まり字の「つき」になるよね? それ以外にも「ひとつの月(ひとつの、つき)」みたいに、シンプルに覚えてもいいし。割と決まり字がなじみ深い言葉だったら、その札も覚えやすいね。

共札:つく

 

「つく」

つくの札

つくばねの 峰より落つる みなの川 恋ぞつもりて 淵となりぬる

覚え方:ふちに着く(ふち、つく)

解説:先ほど「うら」のところでも説明したが、「こひ」から始まる札は何枚かある。そのため、真ん中にある「ふち」をキーにしてみたよ。「皿のふちに汚れが付く」みたいなイメージで覚えてもらえれば。

共札:つき

 

「しら」

しらの札

白露に 風の吹きしく 秋の野は つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

覚え方:つら、しら

解説:「つら」という文字をよく見てみよう。「つ」を反転させ、回転させると…「し」になりました! だから、「つら」は「しら」です。実は、次の共札である「しの」と組み合わせると、この覚え方はさらに役に立って…

共札:しの

 

「しの」

しのの札

忍ぶれど 色に出でにけり 我が恋は 物や思うと 人の問うまで

覚え方:もの、しの

解説:さあ、勘のいい人はわかったかな? 「も」という字から横棒を二本とってみると…はい、「し」になりました! だから、「もの」は「しの」。このペアはセットで覚えると楽に覚えれるんじゃないかなー 決まり字の覚え方でも、割と気に入っている覚え方です。

共札:しら

 

「もも」

ももの札

百敷や 古き軒端の しのぶにも なお余りある 昔なりけり

覚え方:あまりある桃(あまりある、もも)

解説:食べても食べきれないほど、余りある桃、そんなイメージです。他にも「あまりの桃」なんかでもいけるね。好きなワードで覚えてください!

共札:もろ

 

「もろ」

もろの札

諸共に 哀れと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし

覚え方:カニ汁諸々(かにしる、もろ)

解説:「はな」から始まる歌が他にもあるので、真ん中の「かにしる」をキーに覚えよう。最初は「カニは脆い」でいいと思ってたんだけど、次回出てくる「ひとは」の札が良く似ているんで「カニ汁」にしたよ。「カニ汁もろもろ含めてスープだ!」みたいな…

共札:もも

 

「ゆう」

ゆうの札

夕されば 門田の稲葉 訪づれて 芦のまろやに 秋風ぞ吹く

覚え方:足湯(あし、ゆう)

解説:シンプルに下の句の最初の「あし」から「ゆう」に結びつく「足湯」で。「ゆ」の一字決まりと間違えるかもしれないけど、一字決まりは「むすめふさほせ」しかないから、その辺で判断しよう!

共札:ゆら

 

「ゆら」

ゆらの札

由良の戸を 渡る船人 舵を絶え 行方も知らぬ 恋の道かな

覚え方:行方わからずゆらゆら(ゆくへ、ゆら)

解説:迷子のイメージですね。割と歌の意味ともマッチングした覚え方なんで、いい語呂合わせなんじゃないかな。もし歌全体のイメージに合わせて「由良」って場所選んだったら、すごいよね。

共札:ゆう

 

おわりに

 さて、決まり字紹介part1、いかがだったでしょうか? 何枚か強引なのもありましたが、その辺は、各自で分かりやすいように覚えてみてください。「こんな覚え方より、もっといい覚え方あるわ!」など思われた方はぜひ教えてください。確かにいい覚え方だわ、と思ったものは勝手に掲載するので(嘘です、ちゃんと断り入れます笑)。

 

 次回は三枚札と四枚札の紹介! 三字決まり以上ががんがん出てきて、ややこしくなりますが、できるだけ覚えやすくなるよう紹介していくので、よろしくお願いします。

 

次回>>競技かるたの始め方(5)ー決まり字紹介part2

前回>>競技かるたの始め方(3)ー決まり字って何なんだ?