アイデア

 以前、競技かるた初心者がやるべき練習として、いくつか紹介したことがあります(参照記事ー競技かるたの始め方(11)ー初心者がやるべき練習)。こちらの記事に書かれている練習方法は、それはそれで効果があります。

 

 ですが、参照記事に書かれている練習方法よりも、明らかに効果がある練習があります。実は、参照記事の最後の方にちらっと書いてはいるのですが、今回はその部分にフォーカスして、競技かるた初心者が本当にやるべき練習を紹介したいと思います。

 

 

アイデア

 

 

 

競技かるた初心者が本当にやるべき練習

 早速競技かるた初心者がやるべき練習を紹介しますね。非常にシンプルなのですが、それは、試合形式の練習です。

 

 試合形式の練習の中でも、特におすすめなのが、同じレベルの人との試合です。よく、上の人と試合をするのが良い、と言われますが、初心者のうちは、なるべく同じレベルの人と取った方がいいと思います。

 

 なんだ、そんなことかよ。そんなの知ってるよ、とか思って帰らないでください笑 これから初心者に試合形式の練習が必要な理由と、試合中に意識してほしいことなど書いていきますので。

 

 これを知って試合するのと知らないで試合するのでは、練習の効果が変わってきますので、ぜひ最後まで見ていってくださいね! 

 

初心者が試合形式の練習をするべき理由

 まず、理由として挙げられるのが、競技かるたの試合というものに慣れる、ということです。

 

 競技かるたの試合というのは、本当にいろいろな要素が複雑に絡み合っています。最初の暗記、試合中の暗記、相手とのかけ引き、自分のモチベーションの保ち方、序盤、中盤、終盤での戦い方、などなど…

 

 これらの要素はおそらく、実践の試合でないと経験できません。払い方ひとつ取ってみても、練習の時と試合の時では全く別物と考えてもいいかもしれません。

 

 また、試合に慣れるという観点からみると、できるだけ同じレベルの人と対戦したほうがよいです。

 

 というのも、特に初心者のうちなんかは、あまりレベルが離れている人とやってしまうと、一方的に札を取られすぎてしまって、何も得ることがないまま終わってしまうからです。

 

 さらに言うと、終盤の練習や、送り札の練習なんかは全くできないといってもいいでしょう。これらの大事な要素が練習できないというのは、非常にもったいないことです。

 

 そういった意味でも、初心者のうちはできるでけレベルが近い人と試合を取りましょう。

 

 (参考)上級者と試合をする意味は全くないのか

 初心者はできるだけ同じレベルの人と試合をした方がいい、と書きましたが、それでは上級の人と試合をしてはいけないのでしょうか。

 

そう聞かれると答えはNOになります。

 

 もちろん、試合に慣れるという観点に立てば、初心者同士で試合をする方が効果は高いでしょう。しかし、上級者の速さを経験するのも、大切なことです。

 

 陸上や水泳でも、速い人と一緒に走ったり、泳いだりすることでタイムが上がるのと同様、競技かるたでも速い人と試合することで、自分のスピードを引き上げることができます。

 

 ですので、もし上級者と試合ができる機会がありましたら、上級者の速さを体感し、そのレベルで一枚でもいいから、札を取ることを意識してみてください。

 

 上級者から取った一枚というのは、同じレベルの人から取った一枚よりも価値のあるものになります。

 

 もう一つ、純粋に試合を取っている方が楽しいから、というのもあります。

 

 前置きの参照記事で紹介した練習は、もちろん必要なことではありますが、正直やっててつまらないです笑

 

 初心者の頃こそ、競技かるたは楽しいものだ、という感覚を持ってもらいたいので、一番楽しい練習である試合をしましょう。できなかったことがだんだんできるようになってくる感覚は、本当に楽しいですよ!

 

試合中に意識してほしいこと

 最後に、試合中に特に意識しておいてほしいことをいくつかあげます。これらを意識するのとしないのでは、今後の成長にかかわってくると思うので、ぜひ意識してみてください。

 

自陣より敵陣の札を取る

 これは当ブログでも、何度も言っていることですね。おそらく練習会でも、何度も聞くことになるでしょう。ですが、それほどに大事なことであるのです。

 

 なぜ、敵陣の札を取ってほしいかというと、一つは、送り札で試合を有利に運べるからです。

 

 送り札でなぜ試合が有利に運べるかというと、まず、自陣にいてほしくない札を敵陣に送ることで、自分が取りやすい配置にできるからです。自陣での反応がどうしても鈍い札を、敵陣に送って狙うことで、その札を取れる確率を上げることができます。

 

 また、逆の視点から、相手がこちらの陣で取りたがっている札を送ることで、相手が取りにくい配置にできる、というのもあります。特に一字決まりなどの狙いやすい札は、相手に送ることで、相手の攻めの手を緩めさせることができます。もちろん、その送った札を敵陣で取ることができれば、相手に大きなダメージを与えることができるでしょう。

 

 このような理由から、送り札ができる敵陣の札は、自陣の札より積極的に狙っていきたいのです。

 

 もう一つ、敵陣の札は自陣より取りにくいので、意識して練習したい、というのもあります。

 

 先ほども書いたように、敵陣の札は送り札というメリットがある分、自陣よりも取りにくいです。特に初心者の頃なんかは、なんとなく取っていると、敵陣の札より自陣の札ばかり取っていた、ということもよくあります。

 

 ですので、敵陣の札は意識して取るように練習する必要があるのです。ここら辺の話は、以前書いた記事でも説明していますので、よければそちらも参考にしてみてください。→攻めがるたと守りがるた

 

 最後に、この自陣より敵陣というのは、上級者との試合でも意識してください。

 

 上級者との試合では、どうせ勝てないですが、せっかくですので、この機会に、相手の速さに自分の速さを引き上げてもらったうえで、その速さで敵陣を抜く感覚を覚えちゃいましょう。

 

 上級者相手に、自陣で10枚守るより、敵陣の札を1枚抜く方が、後々成長の糧になると思います。

 

暗記を一生懸命する

 シンプルですが、大事なことです。暗記はある程度のレベルまでは気合が大事だと思っています。

 

 私も昔C級かB級になりたてのころ、A級の方に暗記が入らないと相談したところ、まあ、暗記は気合だからね、と言われたことがあります。もちろん、暗記のコツや、効率的な方法もあるとは思いますが、まずは一生懸命暗記するところからスタートです。

 

 具体的には、敵陣を中心に、何度も札を覚えなおすことが重要になってきます。忘れては覚えるの繰り返しが暗記を強くします。

 

 また、最近よく目にするのが、忘れそうな札を中心に暗記をする、というやり方です。S級の方々がたまたま同じ発言をしているのを聞いたため、これは効果的な方法かと思われます。

 

 ただ、これにかんしては、私自身も、どうやって忘れそうな札を思い出すんだよ… と、試行錯誤中ですので、あまり詳しい方法は語れません笑 また何かコツをつかめばシェアしてきたいと思います!

 

 暗記に関しては、こちらの記事も参照ください→競技かるたにおける暗記のコツ

 

おわりに

 試合形式の練習は、それこそ総合的な練習になります。サッカーや野球といった、試合形式での練習が大変なチーム戦とは違い、一対一で競技ができる競技かるたでは、この試合形式の練習が一番効率がいいと思います。

 

 払い、暗記、メンタル、定位置も毎回並べますしね。やはり、基本的な練習として試合形式の練習があり、それができないときや、空いた時間にその他の練習をする、というのが一番好ましい形になります。

 

 おそらく、今日紹介した意識や目的をもって試合形式の練習をしていけば、20~30戦ぐらいで、E級の大会に出れるレベルにはなるんじゃないかな、と思います。呑み込みが良ければ、D級の大会も視野に入るかもしれません。

 

 とにもかくにも、初心者の頃は、実践の試合を数多くこなすことが、レベルアップにつながりますので、ルールと決まり字を一通り覚えた人は、すぐにでも試合形式で練習をしてみてくださいね。

 

それでは!