立ち向かう人

皆さん、競技かるたにおける自分の弱みをしっかり把握していますか?

 

自分の強みを知ることはもちろんだいじですが、それと同じか下手をすればそれ以上に、自分の弱みを把握するというのも大事です。

 

そこで今回は、自分の弱みを知ることの大切さを解説していきます。

 

自分の弱さと今まで向き合った経験があまりないという人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

関連記事:競技かるたのレベルアップには自分との対話が必須

 

 

立ち向かう人

 

 

自分の弱さを自覚したほうがいい理由

最初に、自分の弱さを自覚したほうが強くなれる理由を説明します。

 

無意識的に自覚している場合もありますが、意識的に弱さを自覚することによって、さらに強くなれます。

 

理由1.改善点がわかる

1つ目の理由は、自分の改善点がわかるということです。

 

弱さとはすなわち、強くなる余地を残しているところになります。

 

なので、自分の弱さを自覚しないということは、強くなれる場所を見過ごすということに繋がります。

 

強くなりたければ自分の弱みを探してみる、というのも一つの手ですね。

 

理由2.正しい自己評価ができる

2つ目の理由は、正しい自己評価ができるということです。

 

弱さを自覚するということは、等身大の自分を見つめるということです。できないことはできない、と明らめる(諦める)ことによって、本当の自分を知ることができます。

 

弱さから目を背けていると、将来できるようになりたいことと、今自分ができることの境界が曖昧になってしまい、理想と現実のギャップに苦しむことになります。

 

このギャップから抜け出すためには、現実を知る、つまり自分の弱みを知ることが大事になってくるわけです。

 

ちなみに自分の弱さばかりを探していても、それはそれで、ただのないものねだりになってしまうので、同時に自分の強みも見つけるように心がけるといいでしょう。

 

関連記事:競技かるたで一番大事なのはバランス感覚

 

理由3.他人を許せるようになる

3つ目の理由は、他人を許せるようになることです。

 

自分の弱さを認められるということは、他人の弱さを認められることにもなります。

 

なので、試合中相手がイライラしてたり、強引なモメをしてきても、「勝負に必死になってるから、こういう態度になっちゃってるんだろうな」といった感じで、相手を許すことができます。

 

これは、試合中の自分のメンタルを安定させるのに役立ちます。

 

ちなみに、自分の弱さを認められないのに、相手の弱さを認めるというのはまずできません。やろうとしても、どこかで必ずイライラすると思います(筆者体験済み)。

 

競技かるたの試合において、険悪なムードにしないというのは、自分のパフォーマンスを最大限に発揮するためにも大切なことなので、まずは自分の弱さを認めることから始めましょう。

 

自分の弱さを自覚する方法

自分の弱さを自覚したほうがいい理由がわかったところで、じゃあどうやって弱さを自覚すればいいのでしょうか。

 

特に、弱さを見せることをよしとしない環境で育った人にとっては、なかなか難しいことだったりします。

 

そこで、具体的にどのようにして自分の弱さあを認めていけばいいのかを、解説していきます。

 

まずは意識することから

まずは一番簡単な方法として、弱さを自覚しようと意識することから始めてみてください。

 

意識していると、こういうところが自分の弱さだな、と気づける場面が徐々に増えてきます。

 

そのたびに、がっかりするのではなく、弱みを見つけることができた!と、喜んでみましょう。強くなるためには、弱みを知らなければならないのですから、弱みを見つけられたということは、非常にうれしいことなのです。

 

強がりはかっこ悪いことを理解する

もう一つのコツは、強がりはかっこ悪いと理解することです。

 

たとえば、明確な弱点があるにもかかわらず、それが無いようにふるまっている人を目撃した時、皆さんどんな気持ちになるでしょうか?

 

いうまでもなく、ださいなーと思うはずです。自分の弱さを認めていない人は、周りからそう見られているものだと自覚しましょう。

 

そう考えると、弱みがないように見せかけるよりも、おとなしく弱みを認めちゃったほうが楽だし、スマートに思えてきませんか?

 

人間誰しも弱みというのは持っているものです。完璧な人間なんていないのに、それを演じようとしている人間はものすごく滑稽です。それならいっそ、弱みをさらけ出しているほうが得なことが多いと思います。

 

おわりに

というわけで、今回は弱みを自覚することの重要性についての記事でした。

 

これは競技かるただけではなく、人生においても重要なトピックスになると思うので、これを機にぜひ実践していただきたです。

 

本当、今まで弱みを自覚していなかった人が自覚できるようになると、びっくりするぐらい強くなると思いますよ。

 

競技かるたで強くなろうと思ったら、人間的にも強くならないといけないと私は思うので、こういったメンタル部分もしっかり鍛えてくださいね。